春到来。息子と彼女も来たよ。

【2012年4月5日(木)】

 駅までの通勤道の途中にあるお寺の桜。

 朝、その桜の前を通った時には蕾(つぼみ)だった桜が、昼間の陽気(日中、外の出ていないのでわからないが、天気予報では、けふは19℃まで上がるっていってたよな)のせいで開花が進み、夜帰る時には五分咲きくらいになっていたのである。
 
 ライトアップなんかしやがって、小ざかしいぜ。生臭坊主のくせしやがって。(見たことないけど)

a0141884_2315326.jpga0141884_2322678.jpga0141884_2323952.jpg









a0141884_2394078.jpga0141884_231057.jpg 帰宅すると息子と彼女が来ていて、奥さんと3人で近所のイタリアンレストランで晩ご飯を食べたとのこと。

 3月に誕生日だった奥さんの誕生祝に、2人のおごりだった由。

 やるねー。ふふふ。


 そんでもって、同じく3月に誕生日だったボクには、シングルモルト=竹鶴17年をプレゼントしていただいたのである。

 2人とも無理してねーかー?

 ま、しっかり者の彼女が息子をうまくコントロールしてくれているので、安心なんだけど。

 ところで、唐突だが、1977年の3月に、ボクは19歳の誕生日を迎えておったのよ。
 大学入学を控えて、まだ実家にいたのかな?
 もちろん、記憶になんかないさ。
a0141884_23215271.jpg

 パンクの嵐が吹き荒れるこの年の夏まで時点で、ロックはこの曲で頂点を迎えたのだった。


[PR]
by misaochan3x6 | 2012-04-05 23:03 | 自分遺産 | Comments(0)


<< ラーメン「福しん」とわたくし。 嵐のあとに。 >>