「装具」というものが出来上がりました。

【2012年2月15日(水)】

 本日、通院日。
 この日は、ギブスを外して、オーダーメイドで作った「装具」というものを取り付ける日なのだ。
 ギブスのままだと足首が固まってしまうので、それを避けるために、足首の柔軟性をキープするための器具ということなんだ。

 それにしても、「装具」、耳慣れぬ日本語であり、イメージしにくい物体なり。
 まだまだ知らない日本語があるものよの~。

a0141884_12512714.jpg ま、百聞は一見に如かず。
 モノはこれなのだ。 

 マジックテープ付きのベルト4つで足に固定する器具なんよ。



a0141884_1345338.jpg そんでもって、かかともマジックテープ付きの何層かの靴(?)底で出来ていて、この層を剥がすことによって、いまは斜めってる足首の角度が変わり、だんだん90度に近くなるように調整出来るという仕掛けなのだ。

 それにしてもこの「装具」、どこかで見たことのある形状だな~と思ったら、これだったのさ。

a0141884_12424771.jpg
 
a0141884_323075.gif お値段は、67,774円(税込)なり。

 ファーーック!!

 保険で7割は帰って来るとはいえ、この出費はイタいぜよ。


 ひつこいですが、ここでもういっぺんいうときまっせ。
 貧乏人は、病気にもなれまへんのやで。

 当分、松葉杖からは逃れられない。
 この「装具」を付けたまま、ギブスと同じように右足を地に着けないで浮かせたままで歩く生活が続くのだ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2012-02-24 12:27 | わが病床六尺 | Comments(0)


<< コツコツ大魔王。 終日(ひねもす)ギタ練。 >>