1973.

【2011年8月20日(土)】

 前日の午前中降った大雨から急に涼しくなってしまったよ。
 いよいよ、今年の夏も終わりかな。
 手持ち無沙汰な日だ。奥さんはまたひとり旅に出かけてしまい、ボクはみーちゃんと一緒。

 午後5時、ケーブルTVの「日本映画専用チャンネル」で、先日亡くなった原田芳雄の<自薦アーカイヴ>のこの作品を観る。

a0141884_9594798.jpg072.gif赤い鳥逃げた?/1973年/日本・東宝/98分

 監督は、藤田敏八。
 脚本に藤田敏八、ジェームス三木。

 
 大学の映画研究会が作ったような、アメリカン・ニューシネマ崩れの〝痛い〟フィルム。
 脚本のジェームス三木も意外だったが、後半、エキストラの中に長谷川和彦の顔が見えたのを見逃さなかったぜ。

 助監督に長谷川和彦がクレジットされていたのを確認し、この作品の大学の映研作臭さに納得したのだった。


 1973年という時代は、この程度の作品を小屋に98分もかけさせるほどネタに困っていたのか。
 桃井かおりは、これがデヴュー作ではなかったかしら。
 いきなり上半身裸おっぱい丸出しで登場の珍品なのだ。







 この年、ボクは15歳。高校1年生になり、鬱屈し始めていたのだった。

a0141884_1027065.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2011-08-21 09:59 | キャラ立ち | Comments(0)


<< 大杉 漣 ギターいけるやないかい!! 1969. >>