前田憲男と音楽とタニマチとあなた。

【2011年5月25日(水)】

 プロ・カメラマンのA部さんから、昨年11月以来の2度目のライヴのお誘い。
 今回は、セイコーウォッチ株式会社プレゼンツの「前田憲男コンサート Vol.8」。
 会場は、「浜離宮朝日ホール」なのだ。
a0141884_0412797.jpg

a0141884_17292670.jpg

 前田憲男、何か聞いたことあるな。
 調べたら、昭和9年(1934年)生まれ。御年77歳だ。
 「100歳現役宣言」って、あと23年もあるやんけ。
 オレでもムリだって。
 
a0141884_17361212.jpg ネットで調べたら、味わい深いスレッドが出て来たんよ。♪

 ああ、このおっちゃんやったんか。

 孫ともいえるドラムとウッド・ベースを従えてのステージ。しかも、この2人は、両方とも東京藝大出身者や~ん!!

 しかし人生とは、出身校ではなく、むしろ生まれ出でた<星の下>。


 で、その<星の下>は、ある程度、努力によって軌道が直せるみたいなんだよね。
 そのことは、経験則で断言出来るんだ。

 さて、会場の「浜離宮朝日ホール」は、朝日新聞築地社屋の新館2階にあったのねんのねん。
 東京在住30数年、この辺はあんまりよく知らなくてね。
 むしろ、苦手地域で、どうでもいいって場所だったんよ。なので、まるっきり土地勘ねェ~。

 ところで、ホールのある朝日新聞社々屋から出て来た同社の社員と思われる輩(やから)の風情を見ると、没落メディアと思われる新聞産業ではあるものの、腐っても大新聞ともなると、何だか「余裕カマしとるな~」って感じなのさ。

 で、コンサートなんだけど、最初、おもむろにステージに上がってソロを弾き始めた前田氏のミス・タッチがちょっと気になるスタートだったんだけど、演奏は尻上がりによくなっていったんよ。
 そんでもって、このコンサートのタニマチである服部セイコーの社長さんがステージに登場したあたりから、このコンサートの意義っちゅううか意図が仄見えて来たんよね。
 つまり、服部セイコーの社長さんという人は、無類の音楽好きで、これまでに自身のボーカルで4枚のCDを出したことがある御仁とのこと。
 今回のステージを迎えるに当たっても、客席には、JAZZとはまったく関係のない以下の3人の音楽人(というよりは、芸能人やね)が招かれていたのだった。
 emoticon-0171-star.gif鳥塚繁樹(とりづか しげき)(元 ザ・ワイルドワンズ)
 emoticon-0171-star.gif?????(元 ザ・ヴィレッジシンガーズ)
 emoticon-0171-star.gif平山 みき(「真夏の出来事」)

 で、結局、この日、ステージに上がって来た社長さんは、鳥塚繁樹と元 ザ・ヴィレッジシンガーズの某氏にアコギを弾かせながら、鳥塚繁樹のいた ザ・ワイルドワンズのビッグ・ヒット「思い出の渚」を歌い切ったのでありました。もう、予定通りって感じでね。
 ぎゃふん!!(>_<)



 おまけに、会場の客と一緒に「上を向いて歩こう」の合唱までも敢行され、まったくもって「旦那芸」のお披露目場とはなりぬ。これって、ジャズ・コンサートでも何でもね~じゃん!!
 しかし、タニマチには逆らえないのが音楽家、というか、芸能に生きる者の宿命というか、宿世というか、宿痾なのねんのねん。

 ま、そういう事情は事情として、ジャズ・ピアニストとしての前田氏のステージは、その後、尻上がりによくなっていったんよ。 
 それにしても、ジャズ・ピアノって、こんな大きなホールよりは、紫煙と酒と女にまみれた酒場(BAR)の方が、ずっとずっとよく似合うものだよね~、というのが実感だったんだわさ。

 emoticon-0171-star.gifPS. 
 ところで、この日、プロ・カメラマンのA部さんの引き合わせで、会場内において、1990年から1995年まで在職した、「太陽のない街」=東京都文京区小石川にある大手印刷会社 K同印刷㈱で関わりのあったクリエイティブ・ディレクターのN氏と16年ぶりに偶然再会。

 今年、同社社では、300人の大リストラを行ったとか。
 在職当時ボクが好きだったあの人は健在なのかしら?
 中には、30代の女子も含まれているという。
 N氏自身(50代)は、何とか会社にしがみつくことが出来たとのことだ。いや、サラリーマンは、しがみつくだけしがみつかなければ意味のない存在なんよ。
 そんでもって、しがみつくことの出来るその命運こそが、サラリーマンの<真正のスキル>ってもんなのであ~る。
 いや、会社に放擲された人間は、まったくもって被災者と同じなのだ。

 新卒としてK同印刷㈱に入社して以来、同社一筋に人生を捧げた50代の諸氏は、リストラされた後、これからどう生きていけばいいのか・・・。
 他人事(ひとごと)ながら気になるこの頃なのである。
 南無~。
[PR]
by misaochan3x6 | 2011-05-29 17:27 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 「マイ・バック・ページ」って、... はじめてのボクシング。 >>