歌が必要なのではないか。

 一瞬にして、家も家族も職場もなくなっってしまったら、一体どうやって生きていけばいいのか。
 それでも生きろというのか。
 想像出来ない。
 いや、想像したくない。たとえ、身勝手だといわれようとも。

 歌が、歌が必要なのではないか。現場には。
 水も食料もお金も住む場所も必要なのはわかっているが。
 きょう、ふっと頭の中をよぎったのがこの歌なのだった。
 というか、この曲のイントロのギターのリフなのだ。

a0141884_3275061.jpg



 このアルバムにこの歌が載せられリリースされたのが1981年だ。
 あれからちょうど30年。
 ボクの社会人スタートもこの年だから、30年間働き続けたことになる。
 サラリーマンだから、貰うばかりの人生なのさ。
 最初の職場から数えると、いまは7つ目の職場で働いている。
 HOBO(ホーボー=渡り鳥的労働者)のような人生さ。

 そして引越しは、こんな風にして来たよ。
 千葉県稲毛→三鷹市大沢→世田谷区・明大前(ここからあとは、ずっと都内)→世田谷区給田(仙川)→文京区向丘(同じアパート内で1回引越し)→文京区小石川(結婚・長男誕生)→板橋区常盤台→杉並区(区内で住居を3ヶ所変えて今の家)。

 ところで、ボクは誰かに何かをしてあげられたのだろうか。
[PR]
by misaochan3x6 | 2011-03-20 03:22 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 何だか誤解されそうで・・・。 あれから一週間。 >>