阿佐ヶ谷JAZZストリート。

【2010年10月23日(土)】

a0141884_19163254.jpg 晴天なり。これを秋晴れという。やっほー!!
 
 さて、朝起きたら、奥さんの姿が見えないので、てっきり捨てられたのかと思っていたら、日帰り旅行のため福島に旅行中との写真付きメールが来たんだわさ。

 ひとり息子も働き出したので、いまや子育ては〝上がり〟となって、お互いに自分の好きな時間を自由に使い切ることが出来るようになった現在の状態を、ボクは素直に喜ばしく思っていますのさ。

何しろ、ボクは奥さん孝行は出来てないからね~。

 ところで、きのうときょうの2日間は、恒例の阿佐ヶ谷音楽イベント=「阿佐ヶ谷JAZZストリート」。本日は最終日なり。
 JAZZが、ブルーノートとテンション・コードの高結晶であると最近気づいてから、JAZZへの認識はわずかながらに高まったものの、基本的にはFUCKなジャンルなんだわさ、ボクにはね。
 なぜなら、ROCKしないからね、JAZZは。ルルル~♪

a0141884_19313335.jpg というわけで、地元杉並は阿佐ヶ谷で毎年開催されている恒例の阿佐ヶ谷音楽イベント=「阿佐ヶ谷JAZZストリート」には、何の関心もないのだけれども、この中のステージのひとつで、ボクの知ってる人が出てると知っては、無関心ではいられず、思わずGO!!





 ところで、2003年1月から2004年8月までの20ヶ月間、ボクが西荻窪の無添加パン攻防で、牛馬のように使役されていたのは何度か書いて来たのだけれども、よい子のみんなは、知っていたかな?
 何?そんなの知らない、興味ないって?
 ジーザス。ま、それもしかたないかもね。

 そうさ、ボクはその工房で、出来立てのパンを車に積み込んで、杉並~練馬~中野を回って移動販売の仕事に就いていたんだわさ。
 移動販売車で商売する前に、仕事を覚えるためにしばらくの間、店頭販売の実習をしたんだけれども、この時、この店で、パン屋の店頭販売の仕事ってものを最初に教えてもらったのが、今回、このイベントのひとつのステージで歌うことになった〝じゃいさん〟だったのさ。
 彼女は、ボクよりうんと年下だったんだけど、よき先輩だったんだ。
 いや、まったくもって、ボクの仕事人生は、転機の時の仕事の師匠は、たいていは女性だったのさ。
 1981年の社会人1年生のプロ用写真現像所に就職の時もがそうであり、パン屋の就職の時がそうであり、今の職場がそうでありってね。

 さて、しばらく会わないうちに、いつの間にかJAZZヴォーカリストに変身していた〝じゃいさん〟。
 会場であるJR阿佐ヶ谷駅南口噴水広場についたのは、演奏開始の数分前。
 滑り込みセーフとういわけだったのさ。
 この日、彼女が歌ったのはこの3曲。
 072.gif Brian Setzer - Jump Jive N' Wail - Live! 
 072.gif  笠置シヅ子 - ヘイヘイ・ブギー
 072.gif Sam & Dave - Soul Man

 さて、その彼女の姿を写真アーカイヴだ」。ちぇすとーーーーーっ!!

a0141884_19411528.jpga0141884_2022364.jpg
















a0141884_2054864.jpg

a0141884_206687.jpga0141884_2061910.jpg
















 はじめて聴く〝じゃい〟さんのヴォーカル。
 ジャニス(・ジョップリン)をマイルドにしたような感じとでもいえばいいか。
 やるね~。
 それにしても、一度は同じ職場で働いていた仲間が、元気で活躍しているというには、エエもんやね~。
 うっきー!!
a0141884_2322820.jpg

[PR]
by misaochan3x6 | 2010-10-23 18:53 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 生まれてはじめてのカポ。 6966=Rock'n... >>