夏休みア・ゴー・ゴー2010。

a0141884_20513083.jpg 猛暑の続く日本列島。
 日本人として生まれ、52回目の夏を迎えたわけだが、熱中症で100人を超える死者を数える夏なんて聞いたことがないぜ。
 それに、100歳超の幽霊老人話もね。
 とはいえ、暑さのことに限っていえば、日が落ちるとさすがに日中の狂気じみた暑さは後退していると思えるのだが、みなさんの実感はどうかの。

 さて、8/1(日)のわが人生初の歌のステージを経て、8/3(火)のPCぶっ壊れ以降、きょうまでの行動を記録しておこうかしらね。ほーっほっほ。

a0141884_20523687.jpgemoticon-0171-star.gif8/7(土) 
 伊豆半島は「高浜海水浴場」へ<ひとり海水浴>。
 7月の伊豆半島の旅の途中に気になった海水浴場なり。
 若い頃には、海水浴場にひとりで行く勇気なんてなかったのさ。

 できれば好きな人と一緒に行きたいんだけど、好きなその人に一緒に海に行ってくださいという勇気すらなかったんだわさ。

 いまや、結婚を契機とした「家族生活」を経て、子育てを終えた「人生終盤」を迎え、パートナーがいなくなった後の終末をどう迎えるかを考える年齢に至ったってわけなんですぅ~♪。

 ま、そんなこんなで、いまや、「ひとり力」が問われる昨今、平気でひとりで海に行けるようになれた自分の勝利を祝えた夏というわけなのでした。やっほー。

emoticon-0171-star.gif8/12(木)~8/18(水)
 職場の夏休みに自分の夏休みを足した今年の夏休みなり。
 この間、芯になるのは、8/15(日)の須佐神社(島根県出雲市佐田)でのイベント=「スサノオ火まつり」だ。
 詳細後報。 

emoticon-0171-star.gif8/22(日)
 「前進座特別公演・夢千代日記」プレ企画/原作者・早坂暁氏講演と納涼の夕べ
 前進座という劇団のことは、縁あってついこの間はじめて知ったんさ。
 それに、自前の箱=劇場が吉祥寺にあることもね。
 さて、その吉祥寺の劇場に、「夢千代日記」の原作者である早坂暁氏の講演を聞きに、自宅から吉祥寺までチャリる。
 講演内容は、広島に落とされた原爆にまつわる氏の間接的な原爆体験の話。
 早坂氏の原作である「夢千代日記」の主人公夢千代は、氏の実体験から産み落とされた原爆投下直後の広島で生まれた被爆2世という設定とのこと。
 <反戦>、<反核>などという、戦争未体験者どもの鼻白むばかりの紋切り型のいい回しが、体験者の言葉の前ではいかに無力だあるかといった内容の講演なのだった。

 講演終了後、劇場の中庭で劇団員とファンとの納涼交流会。
 何よりびっくりしたのは、劇場の大きさなのだった。
 かなり大きなビルではないの。しかも吉祥寺にこんな劇場があるなんてさ。
 相変わらず、オレって何にも知らないんだな~って、あらためて思ったんさ。
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-08-22 18:54 | 自分遺産 | Comments(0)


<< 「スサノオ火まつり」@須佐神社... XYLISH CM「ニセカエラ... >>