伊豆大島キャムプ・ア・ゴー・ゴー2010 early summer(3)

【2010年5月2日(日)】emoticon-0171-star.gifキャムプ2日目。 

 キャムプの朝は、庭の木々の中から聞こえるウグイスのさえずりから始まるのだ。
 優雅の極みといえるね~。

a0141884_7593921.jpg さて、この日も午前中は日光浴。

 続いて、夜の焚き火のための薪作りにいそしんだ後、鳥のさえずりに耳を傾けつつ、ボクの自宅からここに移動させたCDプレイヤーにダイアナロス&シュープリームスを載せてフルボリュームで聴き、いいこんころ持ちになる。♪ 


 そして午後は、車で南部に向かい、お約束の松葉貝の採取に向かう。

 途中、波浮港にある揚げたてコロッケの店「鵜飼商店」で串カツとコロッケを買い、キャムプ地から持参したパンとともにお昼ご飯とす。店には、蛭子能収先生の色紙が。▼

a0141884_811397.jpga0141884_813249.jpga0141884_814298.jpg









 さて、目的地のトウシキ遊泳地に到着してすぐにお昼ご飯。
 
a0141884_843511.jpga0141884_84497.jpga0141884_8538.jpg









 続いて、海岸に出て松葉貝の採取に挑む。

a0141884_874372.jpga0141884_875882.jpga0141884_88137.jpg









a0141884_883993.jpga0141884_885581.jpg 今回は大粒の貝採取4個に成功。ちっちゃいのも入れたら30~40個は採ったかな。

 この貝を細かく刻んで、たまねぎとニンニクの微塵切りとコンソメ・パウダーと一緒に鍋に放り込んで火を通して掻き混ぜると、貝のいい出汁が滲み出して、夜の酒盛りには待ってましたの絶妙な酒肴になるんだわさ。

 貝採取を終え、一旦キャムプ地へ戻った後、Tさんの友人のMさん、Yさんを迎えに元町港へ。
 荷物を降ろした後、4人で「浜の湯」に向かい75分スパ。

a0141884_8104323.jpg 夜は、貝を肴にお約束の酒盛りなのさ。ちぇすとーーーっ!!

 そこへ、近所のYさん夫婦が愛犬メグちゃんを伴って宴会に参加。

 ボクはといえば、だるまストーブに薪をくべながら、飲み、かつ喰い宴を楽しむのだった。




a0141884_81222.jpga0141884_8121322.jpga0141884_8122428.jpg
[PR]
by misaochan3x6 | 2010-05-05 09:58 | 自分遺産 | Comments(0)


<< 伊豆大島キャムプ・ア・ゴー・ゴ... 伊豆大島キャムプ・ア・ゴー・ゴ... >>